DVDで、動画配信で、年末年始は「自宅でのんびり映画でも見よう」と考えているあなたに朗報。なんと、血液型別の“お金体質”をふまえた「金運を底上げする映画」があったんです!

 

「以前、『50回目のファースト・キス』を見た知人から『急に仕事にやる気が出て臨時ボーナスをもらった』と聞いたのが、映画には人の運気を上げる力があると考えるきっかけになりました」

 

そう話すのは、行動心理学にくわしい御瀧政子さん(心理研究家)。映画を見ただけで運気が上がる? にわかには信じがたい人もいるだろう。

 

「後日、心理学、脳科学の立場から、改めてこの作品を見ました。前日のことをすべて忘れてしまう短期記憶障害の女性に一目ぼれし、毎日告白する獣医の男性を描いた物語。そこにはコツコツと続けることで欲しいものが手に入るという強いメッセージを感じました。これが彼の潜在意識にある“やる気スイッチ”に働きかけて、運気を上げたのだと思います」(御瀧さん・以下同)

 

もともと御瀧さんは自ら年間100本は見ているという映画好き。それ以来、見た映画すべてを「運気アップ」の面で星付け。手元に膨大なリストができあがっているとか。今回はそのリストの中から、とくにお金に関する潜在意識に働きかける映画を厳選。さらに、血液型別性格診断の分野では第一人者でもある御瀧さんはこう語る。

 

「血液型によって、お金に対する気質が違います。当然、金運を上げる“やる気スイッチ”のポイントにも違いがあり“金運を上げる映画”が異なります。そこで血液型別に6作品ずつを選びました」

 

また直接、潜在意識に働きかけるために、おすすめ映画を見るのには順番があるという。

 

「まず◯マークの2作を見て、感動してください。感動することで心が清まり素直になります。つぎは△マークのあなたを応援してくれる2作。最後に□マークの2作。これであなたの潜在意識に“金運やる気スイッチ”が点灯。お金が貯まる体質になっているはず。できれば見るときは集中力を上げるため、空腹時がおすすめ」

 

■「AB型」“本当に大切なもの”を考えながら金運を底上げ!

 

【お金体質】

「知的で頭脳明晰なゆえに無駄な支出がいちばん嫌いなのがAB型。衝動買いはほとんどせず、ギャンブルもほどほど。そんなあなたが最もお金を使うのは対人関係でしょう。会社の同僚や友人につい大盤振舞いしてしまっているのでは? これはAB型の見えっ張りな性格に起因しているため、なかなか直せないのが困ったところ。またいったん浪費しだすと歯止めが利かないのもAB型。他人に振る舞う前に、人生で何にお金を使うことがいちばん大切か、考えることが必要です」

 

【金運を底上げする映画】

「AB型は繊細な気質で、家族意識が強いもの。そんなあなたの心にすっと入ってくるのがロマンスや家族愛を描いた映画。次の6本はやさしく寄り添いながら、人生にとって本当に大切なものは何かを教えてくれるはず。その気づきが金運底上げのエネルギーに」

 

◯「リメンバー・ミー」(’17年・米国)
〈概説〉ミュージシャンを夢見る少年が死者の国に迷い込むディズニーの最新冒険アニメ。
〈潜在意識への働きかけ〉人類の歴史上に、いま、自分がいることに感謝。

 

◯「奇蹟がくれた数式」(’16年・英国ほか)
〈概説〉インドの天才数学者と彼に手を差し伸べる英国人数学者の成功を描く実話。
〈潜在意識への働きかけ〉他人を受け入れられない自分の心の狭さに気づく。

 

△「はじまりのうた」(’13年・米国)
〈概説〉恋人のミュージシャンとニューヨークにやってきたが、その恋人に裏切られ……。
〈潜在意識への働きかけ〉最初の一歩を踏み出す勇気を持て。

 

△「星の王子 ニューヨークへ行く」(’88年・米国)
〈概説〉アフリカの王国のアキーム王子は花嫁探しにニューヨークにやってくるが……。
〈潜在意識への働きかけ〉本質を見極めることが成功のかなめ。

 

□「リトル・ミス・サンシャイン」(’06年・米国)
〈概説〉米国の田舎町に住む少女が全米美少女コンテストの代表に選ばれて……。
〈潜在意識への働きかけ〉個性を生かすことが成功につながる。

 

□「Dearダニー 君へのうた」(’15年・米国)
〈概説〉絶頂期を過ぎたフォーク歌手。岐路に立った彼は離婚し会ったことがない息子に会いに旅立つ。
〈潜在意識への働きかけ〉いつでもやり直して成功することは可能。

 

数カ月に1度、繰り返して見ることでさらに効果があるという。年末年始に一気見して、来年の金運を上げてみてはいかが?