ホコリが残らないから安心!100均のスゴいお掃除グッズ

念入りに掃除をしたはずなのに、気づけばたまっているホコリ……。そんな悩みを解決してくれるのは、高価な最新家電ではなく、なんと100円均一ショップでそろうアイデアグッズだ!

 

「小まめに掃除機をかけているから大丈夫、と思っていたら大違い。病気のもとになる“病原体ホコリ”は掃除機の排気で部屋中にまき散らされてしまうのです」

 

こう話すのは、お掃除のスペシャリストで、日本ヘルスケアクリーニング協会代表の松本忠男さん。

 

「トイレ、リビングの壁際、洗面所など、家の中にはホコリやカビが集まりやすい場所があります。放置すると、呼吸器系だけでなく、胃腸などにも悪影響を及ぼす細菌やウイルスが増殖し、家の中が病原菌の温床になってしまいます」(松本さん・以下同)

 

ウイルスや花粉が気になるこの季節。松本さんが提唱する掃除のポイントは、ホコリを飛散させず、確実に除去すること。そんなホコリを残さない、100円均一のアイテムを応用した自家製の掃除アイテムを、考案者の松本さんが紹介!

 

■切れ込みスクイージー

 

<用意するもの>
ガラス拭き用スクイージー、ハサミ。

 

<作り方>
スクイージーのゴムの部分に、ハサミで深さ5ミリの切れ込みを幅5ミリ間隔に入れる。

 

掃除機やモップ、雑巾では取りきれないホコリがゴムの切れ目にからめ取られ、驚くほど取れる。洗面台やテレビ台の上など、目に見えない細かいホコリもひと拭きで除去!

 

「フローリングワイパーでは、ワイパーに均等に力が入らず、押し引きのタイミングで撮り残しが出て、拭きムラが残ります。そんなとき、目に留まったのが100円均一ショップにあったガラス磨き用のスクイージーでした。ゴムの部分に切れ目を入れ、床のホコリを掃除してみたところ、ほとんど取り残しがなかったのです。試行錯誤の結果、5ミリ間隔で切れ目を入れると、小さなホコリまで逃さず取れることがわかりました」

 

この「切れ込みスクイージー」は、家の中のあらゆるところで大活躍。松本さんの自宅にはトイレ、洗面所、廊下、リビングなど計10個を常備しているそうだ。

 

「取れたホコリはティッシュでつまみ取って捨てるだけ。掃除機の何倍もの効果が実感できますよ」

 

■ペットボトル化繊はたき

 

<用意するもの>
化繊はたき、500mlペットボトル、カッター、ハサミ。

 

<作り方>
ペットボトルの側面に、カッターとハサミで横5センチ、縦10センチの長方形の窓を開ける。この窓に化繊はたきを入れ、柄をボトルの飲み口から出す。

 

カーテンレールやドアの戸の上など、高いところにたまったホコリをからめ取る。1カ所かけたらはたきを回転させ、毛についたホコリをボトル内に捕獲。外に飛び散らせない。

 

ホコリを一網打尽にできるアイデアグッズ、ぜひ一度お試しを!