「嫁姑」の二世帯同居を“寂しさ知らず”に変えたあるルールとは

「二世帯同居」と聞くと、恨み骨髄の「嫁姑バトル」や、肩身の狭い「マスオさん」を想像してしまう人が多いが、そんなイメージはもう古い! 親世帯にも子世帯にもメリット満載。「二世帯同居」で失敗しないコツを読者の実例から学ぼう!

 

【ケース1】姑(67歳)× 嫁(35歳)の場合

 

「夫が数年前に他界し、寂しさはありますが、毎日がとてもにぎやか。寝室は孫娘と一緒ですし、やはり大家族でよかったと思います」

 

そう話すのは、隅田川を望むマンションに長男家族と暮らすMさん(67)。間取りは3LDKで、中1を頭に3人の孫も含めた家族は総勢6人だ。一昨年、夫が他界したのを機に、それまで夫婦で営んでいた飲食店を同居する長男夫婦に譲ったという。

 

現在、Mさんは土日だけ店を手伝い、夕食作りをはじめとした家事全般を担当。空いた時間は自転車で日本橋まで買い物へ行くなど悠々自適に暮らしている。

 

そんなMさんは二世帯同居についてどう感じているのだろうか。

 

「にぎやかな暮らしが大好きなので、家族のご飯を作るのが苦になったことは一度もありません。それに、自分自身が大家族で育った経験を踏まえ、同居していくうえでのルールを作っているので、お嫁さんともめることもほとんどありませんよ」

 

そんなに広いとは言えないマンションで二世帯が暮らしていくためには、みんなが納得できるルールを決めておく必要があるというのだ。

 

たとえば台所の使い方。Mさんは早朝5時半には起床し、掃除や洗濯の前に朝食を済ませているという。こうすることで、6時半に起きてくるお嫁さんとは台所を使うタイミングがかち合わない。

 

また、買い出しの担当はMさんだが、牛乳や調味料といった重い物は、長男夫妻が適宜買ってくることになっている。

 

ほかにも、冷蔵庫の中はカゴで仕切ったうえで食材名をラベリングしたり、自分の靴は1足以上、玄関に置いておかないようにしたりなど、ルールは多岐にわたる。

 

「うちはお嫁さんと同居していますが、もともと他人だった同士がいっしょに暮らすわけですから、生活のお作法が違うのは当たり前。だからこそ、お互いが気持ちよく過ごせるよう、ルールを作っておくことが大切なんです」

 

ややもすると窮屈になりがちな、マンションでの二世帯同居を円滑に保つために、Mさんがたどり着いた結論だ。もちろん、ルールを決めればなんでもうまくいくわけではない。

 

「行き違いや誤解がまったくないわけではありませんが、それはお互いさまと受け入れなくてはいけません。だって一緒に暮らす“家族”なんですから」

関連カテゴリー: