11月18〜12月1日の星回り 友人とフリマで「爆売れ」の予感

近づく「大嘗祭」で名実ともに幕を開けるともいえる「令和」。そんな時代の大きな節目を経て、これから年末にかけての星回りには、どうやら「お金」をめぐる大きな変化の兆しが出てくるようですーー。

 

10月22日の「即位礼正殿の儀」につづき、11月14日夕方から翌未明にかけて「大嘗祭」が執り行われるなど、主要な皇位継承儀式が相次ぐ、この秋。国民にとっては、文字どおり時代の大きな「節目」を迎えるわけだが、じつは「日本そのもの」の運気においても大きな変化が訪れるのだという。

 

「天皇陛下が即位されて元号が令和へと変わった5月ごろから、すでにその兆候はありましたが、大嘗祭の前後から年末にかけては、運気がいっそう顕著な変化を見せてくるのです」

 

そう語るのは、本誌でも占星術の連載を持つステラ薫子さん。新天皇の即位と西洋占星術の世界は、一見、無関係のようにも思えるが、「神道における祭事・天文・暦の動きと、占星術の星の動き・数秘の法則は非常に似ているのです」と解説する。

 

では、その運気が大きな「うねり」を見せる大嘗祭の11月から年末にかけては、具体的にどのようにすればいいのか。私たちにとってもっとも気になる金運は……。

 

そこで今回、ステラさんが西洋占星術による星回りの読み解きにタロットも加え、金運アップのための「やるべきこと」を、週ごとに解説してくれた。

 

■11月18〜24日の星回り

 

【金運タロット】「ディスクの6」=お金の配分やチームワーク、商業の繁栄など、お金に関する幸運を意味する。

 

「予定していなかった会食などのお付き合いや家族関連の出費があります。ただ、多くの人に会うことでお金にまつわるよい情報や、副収入になるきっかけが得られるなど、プラスの面も多そうです。お金の出入りが激しくなる週ですが、出し惜しむよりも必要なお金はケチらず使うほうが、お金の循環がよくなり、金運アップにつながります。特に、イベントや集会への参加は開運のカギになります。パーティや集まりには、おっくうがらずに積極的に足を運びましょう。また、保険や積み立ての見直し、通信端末の乗り換えなどで、かなり得しそうな時期でもあります」(ステラさん・以下同)

 

【 金運アップのための「やるべきこと」】友人とフリマに出品すれば想像を上回る「爆売れ」必至!!

 

「気の置けない友人と協力することで金運がグングン上昇。一緒に買い物に行くと、思いもよらない掘出し物が見つかることも。また、共同でフリーマーケットに出店するなど、チームでの連携によりお金が入る予感もあります。友人・知人との絆を深めてみて」

 

■11月25日〜12月1日の星回り

 

【金運タロット】「カップのプリンス」=旅立ちを意味しますが、これは実際の旅だけでなく自分探しも示す。

 

「運気は向上しています。財産の整理や保険、投資の見直しに向く週です。また、相続に関することで気になる問題や事情がある人は、この週に専門家に相談しておくと事態が進展するでしょう。なお、仕事をしている人、お店や会社を経営している場合は、収入アップに向けて飛躍するチャンスが到来しています。仕事をしていない人の場合でも、夫や子どもの運気が上昇する好機です。あなたが陰から支えてあげることで、家族全体の運勢がジャンプアップするはず。財産運、出世運ともに、あなた自身の地道な取り組みが、よい結果を呼び込みます」

 

【 金運アップのための「やるべきこと」】これまでの金銭感覚を見直せば、旅先で金運アップの予感が!!

 

「書籍やインターネットなどで詳しく情報を集めることで、「お金を増やす方法」を発見する可能性が。また、『お金とうまく付き合う』ためには、金銭感覚を含めた今までの価値観を一度捨ててみるのもおすすめ。一人旅や遠出をすることで金運をアップできるとの示唆も」

 

西洋占星術とタロットのWアプローチで、これから年末にかけての金運が上がらないはずがない!?

関連カテゴリー: