年末ジャンボ宝くじ「高額当せん売り場」販売員の顔相に共通点!

「ちょうど3年前、この売り場に勤務し始めてすぐ、その年のサマーで1等5億円を当てた女性が売り場にやってきたんです。億万長者を目の当たりにして、宝くじのすごさを実感しました」

 

こう話すのは、大阪府「磯上チャンスセンター」の人気販売員・日浦由美子さん。この売り場の実績はすごい。’18年にはハロウィン1等5億円、そして今年サマーでも1等7億円。日浦さんが売り場に来てから総額19億円(3年前のサマーは1等前後賞合わせて7億円)が出ているのだ。

 

「今年のサマーはなんとなく予感がしました。売り場に縁起物の張り子の虎の置物が飾ってあるんですけど、ある朝、それを磨いていたら、虎の首がこっくりうなずいて『今回は出るよ』というように見えて。そしたら、本当に7億円が出たんです(笑)」

 

今回、本誌では、直近1年以内のジャンボで1等が出た売り場の人気販売員3人を厳選。人相診断が評判の占い師「原宿の母」菅野鈴子さんに、「億を呼ぶ人相」を鑑定してもらった。

 

「日浦さんで特徴的なのは、おでこと鼻頭のツヤです。彼女自身に金運があって、それが売り場に当たりをもたらしているのでは」

 

つぎは今年10月のハロウィンで1等5億円が出た愛知県「名鉄観光名駅地下支店」。ここの名物販売員といえば、“イットー”さんの愛称で知られる伊藤幸子さんだ。

 

「今年で売り場にきて13年。入りたてのころでした。常連の男性に名前を聞かれて『伊藤幸子です』と答えたら、『1等幸子じゃないか、いい名前だ』と言われて。いつも私から買ってくれているうちに、その人が100万円を当てたんです。『あなたのおかげだ』と喜ばれたのが、いまも忘れられません」

 

それからは売り場で名前を聞かれると、「イットーです」と名乗るようにしているとか。

 

「彼女も鼻にツヤがあり、眉尻もしっかりしていて、周囲に金運をもたらす相です」(菅野さん)

 

今年サマーで1等7億円が出た東京都「池袋東口西武線駅構内売場」にも“イットー”さんがいる。なんとネームプレートも「イットー」。キャリア30年を誇る伊藤利奈さんだ。

 

「以前、赤ちゃんを産んだ直後の女性が買ったくじが2等1億円に当たって、あとで、ご主人と赤ちゃんと3人でお礼に見えたことがありました。じつは私も出産直後に買ったジャンボで、組違い賞10万円を当てたことがあります。出産直後というのは、当たりを呼ぶんじゃないでしょうか」

 

と話す彼女は頬もツヤツヤ。

 

「頬の上が光っているのはお客さんに愛されている証拠。この愛されキャラが、売り場に幸運を呼ぶのだと思います」(菅野さん)

 

億招き販売員には共通点があると、菅野さんは指摘する。

 

「お客さんに福を分けるふっくらした頬、売り場に福を招くほうれい線、自分自身の金運を示す鼻のツヤとキリリとした眉尻、いまの運気のよさを表すおでこのテカリ。とくに鼻ツヤは億招きにいちばん重要ですよ」

 

現在、発売中の10億円年末ジャンボ。鼻ツヤ販売員を見つけたら、迷わずゲットすべし!

関連カテゴリー: