年末ジャンボ宝くじ“億当せん”売り場に鼻ツヤ販売員の姿アリ

「9年前、私が入店した直後に、常連の男性が持参したミニロトを当せん確認の機械に通したら、売り場初の大当たり(1等1,120万円)だったんです。その直後にはロト6で1等1億1,500万円。そして今年は10億円。もうびっくり」

 

そう語るのは、昨年年末1等10億円が出た東京都「瑞江チャンスセンター」で、売り場の幸運の女神と呼ばれる藤次史子さんだ。藤次さんには、窓口で必ずやるルーティンがあるという。

 

「お客さんから『これ、当たるかな』と聞かれたら、『いっしょにお祈りしましょう』と2人で手を合わせるんです。すると不思議と当たるんですよ(笑)」

 

今回、本誌では、直近1年以内のジャンボで1等が出た売り場の人気販売員2人を厳選。人相診断が評判の占い師「原宿の母」菅野鈴子さんに、「億を呼ぶ人相」を鑑定してもらった。

 

「藤次さんで特徴的なのは、おでこと鼻頭のツヤです。しかも鼻筋全体が光っている。これは運を自分で引っ張ってくる、まさに女神の相」(菅野さん)

 

昨年年末で1等10億円が出た大阪府『大阪駅東口売場』の福島広子さん。彼女はこれまで、数えきれない高額当せん者を目撃してきた。

 

「この前も1億円を当てた40代の会社員の男性が、放心状態で体が動かなくなって。タクシー乗り場までご一緒したばかりです(笑)」

 

彼女を見た菅野は。

 

「ほうれい線がくっきりしていて、私の売り場から必ず大当たりを出すという責任感の証し。この念力が当たりを呼ぶのだと思います」

 

億招き販売員には共通点があると、菅野さんは指摘する。

 

「お客さんに福を分けるふっくらした頬、売り場に福を招くほうれい線、自分自身の金運を示す鼻のツヤとキリリとした眉尻、いまの運気のよさを表すおでこのテカリ。とくに鼻ツヤは億招きにいちばん重要ですよ」

 

現在、発売中の10億円年末ジャンボ。鼻ツヤ販売員を見つけたら、迷わずゲットすべし!

関連カテゴリー: