給料目減りの2020年…経済評論家が憂慮する「五輪後不況」

「安部首相が’12年にアベノミクス政策を提唱して以降、物価は上がり続けています。その上がり幅に賃金上昇が追いつかず、『実質賃金』はマイナスを示す月が多かったのですが、’19年に入って以降は、会社(雇用主)から支払われる賃金額を示す『名目賃金』もマイナスを示す月が増えました。この流れは’20年も変わらないでしょう。1月の『所得税法改正』で年収850万円超のサラリーマンは増税となり、4月の『同一労働同一賃金』施行によって各種手当は順次カットされ、『働き方改革関連法』の中小企業への適用により、結果的に残業代は減ることになる。さらに東京オリンピック後に懸念される“五輪後不況”の影響など、『1年間を通してのお金の動き』を見通しておくことが必要です」

 

’20年の社会とお金の動きについて、こう語るのは、経済評論家の加谷珪一さん。

 

「’19年10月の消費増税前後の小売業の販売額を前年同月と比較してみると、9月の『駆け込み需要』による9.2%増から、10月はいきなり7.1%減と、大きく落ち込みました。前回’14年の増税時は、前の月が11%増で、増税当月が4.3%減でしたから、今回のほうが増税の影響を大きく受けたといえます。年末商戦から年明けにかけても『消費冷え込み』傾向が続くでしょう」

 

消費の大きな低迷を受けて、物価は上昇率こそ緩やかになったが、上昇傾向に変わりはないと加谷さん。

 

逆に、物価の変動を考慮した、給料の実質的な価値を示す「実質賃金」ばかりか、実際にもらえる金額である「名目賃金」までマイナスになる月が増えてきていて、かなり厳しい状況は続くという。

 

「名目賃金もマイナスで発表され始めた要因としては、会社が募る『早期退職』に手を挙げて大幅に収入減となったり、50代以降などに管理職から外れる『役職定年』で、それまでの収入を維持できず、ガクンと落ちたりする人が、増えていることも大きいでしょう」

 

そんな経済苦境のなか、’20年は続々「お金関連の法律」が施行されていくというから、見過ごすわけにはいかない。

 

「さらに、10%への消費増税の“目くらまし”のように実施されたプレミアム商品券は3月末、キャッシュレス決済によるポイント還元は6月末で、それぞれサービス期間が終了してしまします」

 

お金に関する明るい材料はないのだろうか? 8月から開催予定の東京オリンピック・パラリンピックは「五輪景気」を呼び起こす起爆剤とはならない?

 

「ゼネコンなどによる関連事業への需要は、すでに出尽くした状態で、これから好転する動きはありません。むしろ、『五輪後不況』のほうが憂慮されるんです」

 

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

関連カテゴリー: