「アイリス」ふとん乾燥機は花粉の時期の“救世主”だった

「アイリスオーヤマは、もともと’50年代後半に大阪で創業したプラスチックの下請け工場がルーツでした。それがガーデン用品、ペット用品、収納用品と徐々に扱う分野を広げ、’10年に家電業界に本格的に参戦。現在ではエアコン、照明、扇風機、空気清浄機、ドライヤーのほか、キッチン回りでは電気圧力鍋や炊飯器、オーブンレンジまで多岐にわたるラインナップを持っています」(経済ライター)

 

新型コロナウイルス感染拡大で、政府は「不要不急の外出を控える」ことなどを要請している。そのため軽い気持ちで、量販店に家電を見に行くことができない現状。しかし、新生活のために家電は替えたい……。その願いをかなえてくれる“爆売れ”ブランドが、「アイリスオーヤマ」のオリジナル製品だ。

 

’10年、同社が公表した家電の売り上げは100億円。ところが、今年1月発表の最新売り上げは950億円。アイリスオーヤマは、10年間で10倍もの成長を遂げている家電メーカーなのだ。アイリスオーヤマの製品は、量販店に出向かずとも、ホームページでのインターネット通販、電話やファックスでも購入することができる。

 

その人気の秘密は、「使いやすさ」と「コスパ」にあると前出の経済ライターは言う。そんな、簡単操作でお財布にも優しいアイリスオーヤマの製品を、実際に使用した人の声と、“開発秘話”と合わせて紹介。

 

【音声操作シーリングライトECOHiLUX(エコハイルクス)】メーカー希望小売り価格:1万3,800円~1万4,800円(6畳)

音声操作機能を搭載しているシーリングライト。ライトに「ねえ、アイリス」と呼びかけると「ピッ」という音が。続けて「明かりをつけて」と声に出すと、1秒未満という早さで点灯する。

 

<使用者の声>

「『暖かい色にして』というと電球色に、『全灯』というと明るさが最大になったりと、声だけでじゅうぶん操作ができます」(50代主婦)

 

<開発担当者より>

「音声データの正確な設定・認識のためにデータとして約1,000人もの声をスタジオ収録しました」

 

【ふとん乾燥機カラリエ】メーカー希望小売り価格:1万6,800円(ツインノズルタイプ)

ふとん2枚を同時に乾かすツインノズルタイプ。ノズルについたツメが布団を持ちあげるので、温風が届きやすく、従来のふとん乾燥機のようなマットも不要。60分で布団を乾燥させることができるというスピードがウリ。約2.2kgと持ち運びやすいコンパクトさで、靴乾燥にも使える。

 

<使用者の声>

「花粉シーズンなので、布団を外に干すのもおっくう。この乾燥機はコンパクトでセッティングしやすいので、外干しより手間が少ないんです」(40代主婦)

 

<開発担当者より>

「当時85歳だった私の祖母が、曲がった腰で重い布団をベランダに干すのを見ていて、『こんなことはさせたくない』と思ったのがきっかけです」

 

【大風量セラミックファンヒーター】メーカー希望小売り価格:1万2,800円

自社の従来品から温風の到達距離が3倍になったモデルと、首振りができるモデルの2機種を発売。「足元までポカポカ」を追及し、トイレや脱衣所、足元が冷える寝室などでのサブ機としての使用から、より広い部屋へ使用シーンを広げた。脱衣所などでの寒暖差による、ヒートショック対策にも。

 

<使用者の声>

「まだまだ暖房なしでは寒いこの時季。このヒーターは大風量なので、家に帰ってつけたらすぐに寝室が暖められるのがうれしいポイントです」(50代女性会社員)

 

<開発担当者より>

「人感センサーが付いているので、設定時間人を感知しないと自動的にOFFとなり、節電にも」

 

新生活のアイテム選びとして、参考にしてみよう。

 

※価格は全て税抜き。購入方法によって価格は変わることがあります。

 

「女性自身」2020年3月17日号 掲載

関連カテゴリー: