マイナポイントは「家電に使う」!得する購入商品の見定め方

いよいよスタートした「マイナポイントキャンペーン」。1人当たり最大5,000円分のポイント還元が得られるチャンスを、家電の買い替えに活用してみませんかーー?

 

政府の肝いりで9月1日に始まった「マイナポイントキャンペーン」。このキャンペーンは、マイナンバーカードを取得し、スマートフォンやパソコンからポイント付与を予約、そしてキャッシュレス決済サービスの指定を行えば、来年3月まで決済やチャージ金額の25%を「マイナポイント」として受け取れるというもの。

 

マイナポイントの付与に当たっては、一度マイナンバーカードとひも付けしたキャッシュレス決済サービスはその後変更がきかないという点に注意しておこう。

 

マイナポイントは1人5,000円相当のポイントが上限。つまり、キャッシュレス決済で2万円使うと、実質5,000円分のポイントが国からもらえるという仕組みだ。

 

お得なマイナポイントだが、使い方をちょっと意識するかどうかで、そのお得感は大きく変わってくる。というのも、指定したキャッシュレス決済を、たとえばランチでコンビニ弁当を買うなどといった少額に使っても、25%ずつポイントは付いていく。使い続ければもちろん累計5,000円分はもらえるのだが、「いつの間にかポイントが付いて、なんとなく使ってしまった」ということにもなりかねない。

 

せっかくならまとめて使って、マイナポイントを生かした賢い買い物をしたい。そこで、編集部からの提案! 2万円の買い物で、実質5,000円引きで買えるのだから、家電の購入にマイナポイントを活用してみては? 巣ごもり生活で新たに家電が欲しくなったという人も多いはず。新機種は省エネ性能も優れているから、電気代の節約にも役立つ。使い始めてから長くお得を感じられるのも、大きなメリットだ。

 

「家電製品にはそれぞれ、新製品投入のタイミングや需要のピークに応じた“買いどき”があります。それをおさえれば、大型の家電では2万円程度安く購入できることも多いですよ」

 

そう話すのは、調達・購買コンサルタントの坂口孝則さん。家電の買いどきを知れば、マイナポイントをいっそうお得に使える。見逃したくないところだ。

 

「たとえば冷蔵庫は、年末年始など家族や親せきが集まるときに新しいものが欲しくなるでしょう。メーカーは、この“家電需要”を見込んで新製品を投入します。これにハマると高い買い物になってしまいます。冷蔵庫の買いどきは、ズバリ新製品が出そろう少し前の10月です」

 

今から欲しい商品を見定めて、マイナポイントを使うにはちょうどいいタイミングかも。

 

「テレビも冷蔵庫と同様に家族需要があり、底値になるのは例年9月。今が買いどきですが、テレビは年々値下がりの傾向にあり、9月以降も去年より安く買えるでしょう。じっくり選んでもいいかも」

 

ほかに、季節に応じた需要のピークがより極端な家電製品も。

 

「プリンターは年賀状を作成するために、冬に需要が集中し、各メーカーも新製品の販売に力を入れます。この場合“売れどきの少し前”が一般的な買いどきです。ただし、掃除機はセーターなどホコリの出やすい衣料品が多い冬に活躍する家電ですが、例年そうした売りどきに家電量販店が安売り合戦を行います。そのため、掃除機の買いどきは11〜12月です」

 

坂口さんが挙げてくれた買いどきを参考にしてみよう。

 

■買いどきカレンダー

【9月】テレビ、プリンター
【9〜10月】電子辞書
【10月】冷蔵庫
【11〜12月】掃除機
【12〜1月(年末年始)】エアコン
【2〜3月】洗濯機

 

いっぽう、例年とは異なり、購入の適切なタイミングが読みづらい家電製品もあると坂口さんは続ける。商品価格にも新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きく、値動きが読みづらいという。

 

新型コロナウイルスの感染拡大のあおりを受けている家電があります。代表的なものはパソコン。在宅勤務の増加、パソコンの新規購入や買い替えを考える人が例年より多く、価格は高止まりしています。しばらくは様子見ですね」

 

テレワークと同様、“巣ごもり需要の拡大”も大きいそうだ。

 

「外食の機会が減り、中食・内食が見直されたため、炊飯器と電子レンジが、例年なら底値になる夏場に高騰しました。まだ高値が続いていて、買いどきが読めません。巣ごもり家電では、HDDレコーダーも値上がり中です。テレビ番組を録画して見たい人が多かったのでしょう。また、入学式などの行事が中止になったことでカメラは値下がりすると思われましたが、実際は下がりませんでした。カメラは“趣味需要”の面が強く、値段にこだわらず買う人が多いのかもしれません。10万円の特別定額給付金でカメラを買った人も多いようです」

 

今年ならではの買いどきカレンダーを頭に入れて、マイナポイントを賢く有効に使おう!

 

「女性自身」2020年9月22日 掲載

関連カテゴリー: