テーブルクロスで即席カーテンを…100均グッズで暖房費カット
画像を見る

本格的な冬を迎え、暖房器具が活躍する時期になったが、気になるのは暖房費の高騰。電気代、ガス代、灯油代は値上がり続け、家計にずしりとのしかかる。

 

「暖房費の節約には、省エネ性能の高い最新の暖房器具に買い換えることが効果的です。でも、100均ショップのグッズを使えば、お金をかけずに、十分な節約効果が期待できるのです」

 

そう語るのは節約アドバイザーの丸山晴美さん。100〜300円ほどで、さまざまなものが購入できる「100均ショップ」。じつは、100均ショップには暖房代を削減できる便利なグッズがあるという。暖房費を下げるポイントは「窓」「保温」「湿度」「ウオームビズ」だ。

 

■窓から冷気を入れない

 

【窓の断熱性を高める】

日差し&冷気をシャットシート:100円/ダイソー
窓ガラス断熱シート(90×90センチ):100円/ダイソー
窓用バブルシート(180×45センチ):300円/3COINS

 

いずれもガラスに霧吹きで水をスプレーするだけで簡単に貼れる。光は通すが、外の冷気は通しにくくなるので、室温のアップが期待できる。

 

【カーテンの微妙な隙間を消す】

あったかボード(200×30センチ):300円/ダイソー

 

室内側のカーテンの裾に立てて使って、カーテンの下からの冷気を防ぐ。窓側に立ててもいい。

 

【小窓に即席の断熱カーテンを】

テーブルクロス(透明・120×150センチ):100円/ダイソー
伸縮式つっぱり棒(115×190センチ):200円/ダイソー
伸縮式つっぱり棒(70×120センチ):100円/ダイソー

 

つっぱり棒と透明なテーブルクロスを使えば、カーテンロールのない小さな窓でも即席の断熱カーテンを作れる。つっぱり棒をはり、テーブルクロスをたらそう。透明なものを使えば、明るさは失われない。

 

「室内の熱の58%が窓ガラスから逃げ出していきます。断熱シートやプチプチのシートを窓に貼るだけでも冷気の侵入を防げます。100均ショップでも窓対策グッズが売られていますが、素材を組み合わせて即席の断熱カーテンを作って窓を覆うのも効果的。設定温度を1度下げると、エアコンでひと冬1,430円、ガスと灯油ファンヒーターでそれぞれ1,320円と880円も、暖房費が節約できます」(丸山さん・以下同)

 

次ページ >熱を閉じ込めて逃がさない

出典元:

「女性自身」2022年1月4日・1月11日合併号

【関連画像】

関連カテゴリー: