image
(写真・神奈川新聞社)

川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、市立中学1年の男子生徒=当時(13)=が殺害された事件で、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格の無職少年A(19)の裁判員裁判が2日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)で始まった。リーダー格の少年Aは起訴内容を認めた。

起訴状の朗読後、近藤裁判長が「間違ったところはありますか。言い分はありますか」と質問。少年Aは「間違いありません」と答え、弁護人も「被告人と同じ意見です」と述べた。

計3人が起訴された事件で初めての裁判。起訴状によると、リーダー格の少年Aは昨年1月17日午前2時ごろから約30分間、横浜市港北区の駐車場で男子生徒の顔面を殴るなどしてけがを負わせた。また2月10日午前2時ごろ、同学年の少年B(18)、1学年下の少年C(18)=ともに傷害致死罪で起訴=と共謀し、多摩川河川敷で男子生徒の首をカッターナイフで多数回突き刺して殺害した、とされる。

リーダー格の少年Aはほかの2人とともに昨年2月に逮捕され、横浜家裁での少年審判を経て横浜地検が同5月に起訴していた。

裁判は横浜地裁で最大となる101法廷で始まった。この日の公判の前には約50席の一般傍聴席を求め、841人が列を作った。

 

【関連リンク】

「報復されると思い」検察側冒頭陳述

予期せぬ事態に」弁護側冒頭陳述

傍聴券に長蛇の列