image

日本最西端の碑を訪れ外間守吉与那国町長から説明を受けられる天皇、皇后両陛下=28日午後、与那国町与那国の西崎(代表撮影)

 

約4年ぶりに来県中の天皇、皇后両陛下は28日、与那国島を初めて訪問された。日本最西端の碑や牧場などを視察したほか、地元の伝統芸能を堪能。沿道や視察先では延べ2700人(県発表)が歓迎し、天皇、皇后は手を振って応えた。

 

宮内庁によると、与那国島の訪問は天皇、皇后が強く希望していたという。

 

外間守吉町長の案内で、西崎にある日本最西端の碑を見学。台湾まで111キロの距離との説明を受けると、皇后が「近いですね」と応じた。天皇も台湾の方角に目を向けたが、見えなかったという。琉歌をたしなむ天皇は、碑に書かれた琉歌の一節を読み上げた。

 

町立久部良小学校では、地元青年会員や小学生らが伝統芸能の棒踊りを披露した。演舞後、天皇、皇后は一人一人に歩み寄り「いつから練習しましたか」などと声を掛けた。町指定天然記念物の与那国馬や世界最大級のガ「ヨナグニサン」の標本も視察した。

 

外間町長は「私たちは本土とは隔絶された状況にあり、文化の違いもある。そこから生まれる本土との温度差が、両陛下の与那国訪問でほとんど消えうせたように感じる」と話した。

 

29日は豊見城市の沖縄空手会館で空手の演武を見学後、帰京する予定。