(写真・神奈川新聞)

 

プリンスホテルが運営する「箱根園水族館」(箱根町元箱根)に、4歳の雄のコツメカワウソ「フユ」が“婿入り”をした。来月からは餌やり体験なども開始される。

 

同園には3月に6歳の「ハナ」が仲間入り。そのパートナーを探したところ、和歌山県のテーマパークにいたフユが候補に挙がった。5月に搬入され、現在は2匹一緒に走り回ったり、じゃれ合ったりしている様子が見られるといい、夏には「結婚式」も予定している。

 

7月1日からは、握手や餌やりなどの触れ合い体験をスタートする。展示ガラスには直径6センチほどの穴が開いており、ガラスの前で来園者が手の上に餌を置けば、穴から手を伸ばし餌を取る愛らしい様子が間近で見られる。

 

同社の担当者は「コツメカワウソの手は柔らかく、手を器用に動かして餌を食べる様子は本当にかわいい。ぜひ体験を」と呼び掛けている。

 

触れ合い体験は午後1時15分~同1時半ごろで、500円(入館料別途)。問い合わせは、同園電話0460(83)1151。

関連タグ: