「ステージ4がん」からの“生還者”たちが続けた8つのこと

投稿日: 2016年06月29日 06:00 JST


「たとえ末期がんと診断されても、その後もずっと元気に生活していたり、治ってしまったりする方もいます」
 
そう語るのは、杉浦貴之さん(45)。彼は28歳で珍しい腎臓がんを発症し、「2年後の生存率は0%」という宣告を受けた。杉浦さんが編集長として発行する、がん闘病マガジン『メッセンジャー』は創刊11年でのべ150人の「がんサバイバー」が登場している。
 
では、がん進行の“最終ステージ”...

【関連記事】

肺がん「ステージ4の生存率高い」全国がんセンターTOP3

「患ったときのために…」読んでおきたい“がんの名著”6
「生きている限り幸せ」少女のがん闘病ブログが教えてくれたこと

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

U-KISSスヒョン ソロシングル制作で思った「大切な人」とは…2017.07.28

新体制になり新たにスタートをきったU-KISSからリーダーのスヒョンがソロとして2作目となるシングル『I’ll be there』を7月19日にリリースした。ケビンの卒業後、U-KISSとしても初の音...


ランキング