“5のつく貯金”で年間30万円! 俳優・細川茂樹の「貯金箱論」

投稿日: 2015年04月13日 10:00 JST

「5円玉、50円玉、500円玉……。僕は、『5のつく硬貨』の貯金を10年以上続けています。それぞれ別の貯金箱を用意しているので、部屋には3種類の貯金箱があります。1年間で30万円くらい貯めています」

 

そう語るのは、クールなイメージの俳優・細川茂樹(43)。何と彼は意外にも貯金箱を長年、愛用していた! じつは彼の両親は銀行員。小学1年生のときからお小遣い帳をつける習慣を持ち、欲しいものがあるときには、両親に買ってもらうための“プレゼン”をしなければならなかったそう。

 

そんな“おカネの英才教育”を受けて育ってきた彼が貯金箱を使い始めたきっかけは、「がんばったら、どれくらい貯まるのか?」という思いつきの好奇心。500円玉貯金からスタートしたというが、最初のころは「せっかくだから、1日10枚は500円玉を作ろう!」と、無理な目標を立てたりもした。そのため、自分の首を絞める結果になってしまったことも。

 

しかし500円玉貯金のおかげで、日々の金銭感覚も養われるようになった。さすがに「1日10枚」のルールは廃止したが、今も買い物では、いつも500円玉を作ろうと意識している。

 

「たとえば700円の支払いなら、千200円出します。細かいことですが、毎回、頭を使いますよ。それから、神社仏閣などでお参りするのが好きなので、5円玉も貯めようと思い立ちました。だったら50円玉も貯めようと、『5のつく貯金』3本柱で続けているんです」

 

5円玉を貯めているのは、ノベルティでもらった豚の貯金箱。50円玉と500円玉は、キャンディーやクッキーが入っていた箱に自分で穴を開けた、手作りの貯金箱を使っている。

 

「僕の使っている小銭入れには、真ん中に仕切りがあるんです。その片側に5円玉、50円玉、500円玉ができたら入れるようにして、ふだん使い硬貨と分けています。5のつく硬貨は絶対に支払いに使いません。それに、硬貨が貯まってくると財布が重く、パンパンになるので、帰るとすぐ硬貨を出すようにもなるんです」

 

現在では’11年に結婚した奥さんもいっしょに、「5のつく貯金」に取り組んでいる。電子マネーやクレジットカードなどを使う頻度が多くなり、現金を使う機会が減ってはいるものの、2人で年間、約30万円の貯金をキープしている。最後に、貯金箱でおカネを貯めるコツを聞いてみた。

 

「僕の場合は、5円玉、50円玉、500円玉を現金と思わないこと(笑)。使うことができないと思えば、使わない。僕は両親から『10万円のものが欲しくておカネを貯めたとしても、貯金が達成した時点で、それよりもっといいものが欲しくなる』と教えられました。つまり、物欲より達成感を大事に、ということなんですね。達成感は、人の心を豊かにします。貯金箱は、重さなどでどのくらい貯まっているかがある程度、把握できる。達成感を味わうためにも、とてもいいことだと思いますよ」

【関連記事】

家電俳優・細川茂樹が教える「これが私のベスト節電グッズ」

細川茂樹 “家電”オタを主人公に初の書き下ろし小説『それでも僕は結婚したい』を刊行
借金してまで貯金…金銭不安が急増させる「マネー病」とは?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング