image

(写真:アフロ)

 

「昨年は腰を故障して、あまり結果を残せない状況でした。それがまさか全日本選手権で優勝するなんて、息子本人も『実感がない』と、言っていましたが、家族も驚いています……」

 

そう語るのは、谷川翔選手(19)の母。4月29日の体操全日本選手権で優勝し、“キング”内村航平(29)の11連覇を阻んだのは順天堂大学2年生の谷川選手だった。

 

19歳2カ月での優勝は史上最年少記録。体操教室に入会したのは6歳だったというが、谷川選手はそれまでにもいくつもの習い事を経験している。スイミングスクール、和太鼓教室、そして俳優のショー・コスギが主宰していたアクションスクールなどだ。前出の谷川選手の母は言う。

 

「翔は生後11カ月ごろから、私といっしょにスイミングスクールに通っていました。育児について心掛けていたこともいくつかあり、その1つが、子供たちがやりたいと思うことの選択肢を広げてあげることでした。本人次第ということでしょうか、まずは向いていそうで望むことを何でも経験させて、そのなかから彼らが続けるものを選んでくれればと考えたのです」

 

ショー・コスギ塾に入ったのは、谷川選手が3歳のころだった。谷川選手の母が続ける。

 

「塾では、時代劇の殺陣、ダンス、英語など、いろいろ教えてもらいました。その流れで、キッズプロダクションに所属し、子役として活動していたこともあります」

 

CMでは忍者の扮装でワイヤーアクションに挑戦したり、NHKドラマ『柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い』では主演・村上弘明の幼少時代を演じたりしたという。谷川家教育の2つ目のポイントは、“褒めて育てる”だ。

 

「あくまでも子供たちには、のびのび楽しみながら学んでもらいたいと思っていました。翔は、こだわりが強く丁寧な一面がありました。漢字を書くときも、けっしてスピードは早くないけれど、きれいに丁寧に書くのです。それだけにマイペースな一面もあります。コスギ塾に車で連れて行っても、眠り込んでしまい、起こしても、『眠いから、塾に行きたくない!』って(笑)。そういうときにも、なるべく叱りはしませんでした。『友達も待っているし、楽しいよ』とか『じゃぁ、今日はちょっとだけにしようか』という言葉で、その気にさせるのです。出席さえすれば、本人も楽しくなって嫌がっていたことなんて忘れてしまいますからね」

関連タグ: