羽生結弦 元トレーナー語る“コロナ禍で体幹強化”励む理由
(写真:アフロ) 画像を見る

「羽生選手は8月末にコロナ禍を理由にGPシリーズ欠場を発表。今シーズンは初戦をどの試合にするかを明言していません。新型コロナウイルスの感染状況次第では、シーズン全試合欠場の可能性もあると噂されています」(スポーツ紙記者)

 

まもなく始まるフィギュアスケートシーズン。出場試合のめどが立たぬ羽生結弦(25)だが、本誌は9月上旬、彼の姿をキャッチした。

 

場所は地元・仙台のアイスリンク。深夜0時ちょうどに両親らとともにリンクに入っていき、深夜1時には練習を終えて帰っていく――。そんな姿を2日連続で目撃したのだ。

 

本誌目撃の両日ともにリンクに滞在したのは1時間ほどで、これは短く思えるが……。

 

「1時間では氷になじむくらいしかできないのでは」と話すスケート関係者がいる一方で、別の関係者は、「羽生選手はもともと練習時間が短いことで知られている」と話す。

 

「日本の多くの選手は日に4時間前後は氷上練習をしていますが、羽生選手は1日2時間程度、1週間で10時間ほどです。彼は幼いころからぜんそくがあり、ケガも多かった。病気やケガを避けるためもあり、短い時間での練習を心がけてきたようです」(別のスケート関係者)

 

氷上での練習時間が短いぶん、羽生は氷上以外でのトレーニングも重要視してきた。特に外出がはばかられるコロナ禍では、自宅トレーニングに力を入れていたようだ。ある取材で、羽生は次のようにコメントしている。

 

《最近は体幹を鍛えることを頑張っています。プランクであったり、腹筋背筋の運動を心がけて自宅でやっています》

 

次ページ >元専属トレーナー語った羽生が体幹強化に励む理由

関連カテゴリー: