羽生結弦 全日本はコーチ不在?オーサーに連絡なしの異例事態
(写真:松尾/アフロスポーツ) 画像を見る

《羽生選手が健康で 試合で思い描くスケートができますように》

 

こんな絵馬が奉納されているのは、羽生結弦(26)の生まれ故郷・宮城県仙台市内のとある神社。

 

「勝負の神と名高い神社で、羽生選手も参拝していたため、ファンには聖地のようになっています。実はあまり知られていないのですが、羽生選手はつい1年前の’19年のクリスマスの日にもお参りしたそうですよ。全日本選手権で2位になった直後で、次の試合(’20年2月の四大陸選手権)で優勝したから、すごい効きめだなぁって(笑)」(地元住民)

 

冒頭の絵馬はファンの手によるもののようだ。記された日付を見るに、今度の全日本選手権へのエントリーを知って、いても立ってもいられなくなり、ゆかりの神社に祈願に訪れたように思われる。

 

ただ、今季は地元の羽生ファンにとっても予想外の“異例ずくめ”のシーズンになりそうでーー。

 

「私も驚いたんですが、カナダにいるブライアン・オーサーコーチ(59)のところに“全日本選手権をどうするか、羽生選手からこれといった連絡がきていない”そうなんですよ。その話を聞いたときには、すでに羽生選手のエントリーは発表されていたのですが……」

 

あるフィギュア関係者が困惑気味にそう話す。

 

長野市で開催される全日本選手権は、男子SPが12月25日、男子フリーが26日に行われる。

 

「コロナ禍を理由にグランプリシリーズを欠場した羽生選手にとっては今シーズン初の試合ですから、日本だけでなく海外からも注目が集まっています」(スポーツ紙記者)

 

次ページ >カナダの関係者は“結弦は一人で挑むつもりなのか?”と困惑

関連カテゴリー: