羽生結弦の得点低すぎ?世界選手権で浮上した疑惑の採点論争
30日、世界選手権から帰国した笑顔の羽生結弦(写真:アフロ) 画像を見る

羽生結弦(26)がストックホルムでの世界選手権を終え、帰国したのは3月30日。「ありがとうございました。お疲れさまです」とマスコミのカメラに笑みを見せた。

 

そんな穏やかな表情とはうらはらに、一部のフィギュアスケートファンの間である議論が――。“世界選手権の羽生の得点が低すぎるのではないか”ということだ。

 

世界選手権で羽生は総合3位。ショートプログラム(SP)1位だったものの、最終的にネイサン・チェン(21)に逆転を許した。

 

「フリーでネイサンの演技は圧倒的でしたから、最終順位に文句をつけているわけではないんです。でも羽生くんのSPの点数はもっと高くてもよかったんじゃないかってファンの間やネット上で話題になっています」(羽生ファン)

 

これは必ずしもファンのひいき目、というわけではないようだ。

 

「SP冒頭の4回転サルコーの出来栄え点が低いように感じましたね。海外の識者からも羽生のSPは過小評価されている、という声が。106.98点でしたが、『最低でも110点の価値がある』と話す人もいましたよ」(スケート関係者)

 

実は羽生だけでなく、日本の女子選手への採点にも疑問の声が。

 

「紀平梨花選手(18)は“回転不足”で減点されましたが、判定が厳しすぎるという声も多かった。坂本花織選手(20)に至っては、本人が『思っていたより点数が低かった』と漏らし、ジャッジの厳しさを痛感しているようでした」(スポーツメディア関係者)

 

次ページ >ロシア連盟会長から反発の声も…

関連カテゴリー: