朝倉未来 挑戦者が大怪我も“弱い者いじめ”に猛反論…「自己保身」と薄い共感
(写真:アフロ) 画像を見る

11月20日に行われたABEMAの企画「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1,000万円」。格闘家の朝倉未来(29)が合計96秒で挑戦者3名を倒したが、「素人相手にやり過ぎ」として波紋が広がっている。

 

これは全国から募集したファイターを路上で朝倉が迎え撃ち、彼に勝てば1,000万円獲得できるという企画だ。選ばれた挑戦者は、“会津伝説のけんか屋”久保田覚氏、後藤真希(36)の弟・後藤祐樹(35)、キックボクシングの現役王者モハン・ドラゴン氏、元KAT-TUNの田中聖(36)の4名。だが直前で田中は辞退し、3名が朝倉と対戦した。

 

「朝倉さんは久保田さんを14秒、後藤さんを45秒、モハン・ドラゴンさんを37秒と文字通り“秒殺”しました。一方で久保田さんは鼻骨が折れ、後藤さんも顔面があざだらけに。挑戦者は『いかなることが起きても自己責任とする』という誓約書にサインした上でのファイトだったそうですが、朝倉さんや企画したABEMAに対して、“やりすぎではないか”との批判が相次いだのです」(スポーツ紙記者)

 

朝倉は21日にYouTubeチャンネルを更新し、「1,000万企画を終えて」と題した動画を投稿。「格闘技を盛り上げたい」との思いでこの企画を受けたという朝倉は、「俺も弱い者いじめをしたいわけじゃないし」とコメント。その上で、舞台裏について明かしたのだった。

 

YouTuberのシバター(36)から「マウスピースをしていないんじゃないか」との指摘があったことに、朝倉は「マウスピースは全員していました」と説明。また「床がコンクリートなのに(人を)思い切り投げていたのが危なかった」との指摘には、「あれ実は全部セット」「すべてが発泡スチロール」「床も格闘技用のマットをスプレーで地面っぽくしていた」と安全面での対策を明かしていた。

 

次ページ >「本気でやったら相手にはならない」

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: