羽生結弦 元日はリンクでの練習を休止…五輪3連覇誓う静寂の正月休み
(写真:アフロ) 画像を見る

「年末の全日本選手権の後から、羽生選手のファンの皆さまがお礼参りにいらっしゃっています」

 

そう話すのは、京都・八幡市にある飛行神社の友田享宮司。

 

ここは羽生結弦(27)ファンに人気の神社。日本航空界の父・二宮忠八が創建したというこの神社に「飛行機の離陸とジャンプの無事を重ねて参拝にお越しになるようです」(友田宮司)と、これまで2千人以上の羽生ファンが訪れているという。特に11月に右足のケガを公表した今季は、ファンの祈願にも力が入っていたようだ。

 

その願いも助けになったのだろうか、今季初戦となった全日本選手権で羽生は圧巻の演技で優勝。識者たちも惜しみない賛辞を送る。

 

「総合力が上がっています。昔とも、去年とも全く違う、別人と言っていいくらいの演技でした。年齢とともによくなっているんですから、彼は本当に超人的なものを持っていますよね」(フィギュアスケート評論家の佐野稔さん)

 

「ショートプログラムは完璧に近い演技だと思ったんですが、本人は『80点だ』と。本当に自分に厳しい選手です。公式練習でも彼が入ってくるとほかの選手の空気が変わります。やはり羽生結弦はすごいと感じました」(フィギュアスケート解説者の本田武史さん)

 

2月に控える北京五輪の出場権も文句なしでつかみとった。

 

「全日本では成功とならなかった前人未踏の4回転アクセルに北京五輪で再挑戦すること、さらに五輪三連覇を目指すことも明言しました」(スポーツ紙記者)

 

羽生を幼少期に指導した最初のコーチである山田真実さんは、

 

「全日本の前までは心配で仕方ありませんでしたが、決意表明をする姿をテレビで見て不安が吹き飛びました。今は“とことんまで突き詰めてほしい”という思いです」

 

と、北京へ向かう羽生へエールを送る。

 

次ページ >元日はリンクに灯りがつかず…

出典元:

「女性自身」2022年1月18日・1月25日合併号

【関連画像】

関連カテゴリー: