指圧のようなストレッチのような疲労回復と爽快感にあふれるタイマッサージ。
極上の時間を過ごすための『コツ』をご紹介します!

①凝っているところは事前にリクエストしよう!
これ、言うと言わないではだいぶ変わります。マッサージにはいるまえに凝っている部分、
念入りにマッサージしてほしい部分を伝えましょう! 

セラピストも自分の技をこれでもか! と発揮してくれます。

②マッサージが終了したら感謝の言葉を
納得のいく(?)マッサージだったら『ありがとう』『お上手ですね』『気持ちよかったです』等の
感謝の気持ちはどんどん言いましょう! その言葉がセラピストの技術向上にもつながるんです!

③閉店間際の飛び込みは避けて!
閉店間際に行くと、セラピストの気持ちはすでに『帰宅』『家』へ向かっているので心のこもったマッサージを
受けることができないことがあります。余裕をもってお店へ行きましょう。

ほか、よく耳にするのが『チップ』について。タイの場合、この『チップ』がセラピストの大切な収入源になります。
50バーツ前後、納得のいくものだったら100バーツ前後渡すととても喜ばれます。
日本はチップ制度ではありませんが、こちらも納得のいくものだったらチップを渡してもいいかと思います。

image

関連タグ: