美容整形しなくても若く美しくなる方法(JINSEIのスパイス!第37回)

【今週の悩めるマダム】

美容整形をしようか悩んでいます。結婚30年目の主人とは関係が冷え切っていて、夜の関係もすっかりなくなりました。身体はたるんで、顔はシミとシワだらけ。こんな醜いおばさんに見向きもしないのは当然かなと思います。ボトックスや脂肪吸引をしたいと考えていますが、安易でしょうか?(兵庫県在住・50代主婦)

 

う~ん。これは正直、僕がどうこうしなさいと意見を言う問題ではありませんね。そのことを前提に、僕の個人的な考えを少しお話しさせてください。実は、ボトックスをしている友人がいるんです。でも、一目でボトックスと気づきますし、整形をし過ぎた顔は大体わかるもの。見た目を大事にするフランス人は整形をしていそうですが、意外とすごく少ないんです。彼らはナチュラルな美というものを重視していますし、それぞれの顔の違いを肯定的に受け入れている。むしろ、与えられた顔や容姿を自分の個性として前面に出して生きているのです。なので美容整形するにしても、アンチエイジングの目的で、高齢になられてから、という方が多い印象です。おばあちゃんになってもいつまでも女を捨てない人ばかりなので、本当に顔がシワだらけになってから、「え? 今からですか!?」と思うような年齢で、整形に挑むという感じ。

 

韓国なんかだと親御さんが成人祝いに整形手術をプレゼントするというのを聞いたことがありますが、国が違うとこんなに違うのだな、と驚かされます。ただ、整形をした若い女性たちの顔ってどこか似ているというか。しょうがないのでしょうけど……。日本の若い子たちも韓国に渡って整形するのがブームのようで、それをYouTubeなんかで赤裸々に告白したりしているのを見たことがあります。新しい時代が到来しているのかな、とは思います。でも、持って生まれた美しさも大事にしてほしいな。

 

奥様の場合、セックスレスが整形の動機ですよね。でも、整形をしたから夜の関係が増えるとは思えないのは僕だけでしょうか? 身体のたるみなどは運動をして鍛えないと、脂肪吸引だけでは本当の美しい身体にはなりませんし、セクシーな身体ってやはり筋肉を鍛えてこそ輝くもの。僕自身、40代になってから自分の身体を鍛え始めました。一時期は70kg近くあったのですが、「ロッカーが太るわけにいかない!」と自分にはっぱをかけ、毎日走って、今は55kgをキープ。身体にいいものを食べ、タバコはやりませんし、お酒も控えめ。常に人に見られているという意識を持ち、ナルシストなくらい自分の容姿にはこだわってきました。馬鹿にされることもありますが、気にしないことです。人にどう見られてもいい、と思うようになったら落ちていくしかない。外に出る時にジャージでもOKってなるとただのオヤジですからね。僕は自分の美意識をきちんと持つことを生活の中心に据えています。10月で60歳になりますが、3時間くらいのステージは普通にこなせます。いまだに白髪染めをしたこともありません。整形もいいですが、内面から自分を磨くのがいちばんの美容法。まもなく還暦を迎える今、ナチュラルに進化していきたいです。

 

【JINSEIの格言】

整形をして綺麗になると心まで変わったという人がいるので一概に否定はできませんが、僕は整形をしなくても本来の個性を伸ばすことで、もっともっと美しくなれると信じています。

 

この連載では辻さんが恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日ごろの悩みにお答えします! お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】@jinseinospice)、またはお便り(〒112-0811 東京都文京区音羽1-16-6「女性自身」編集部宛)にて絶賛募集中。 ※性別と年齢を明記のうえ、お送りください。

 

以前の連載「ムスコ飯」はこちらで写真付きレシピを毎週火曜日に更新中!

関連カテゴリー:
関連タグ: