【ポップな心霊論】「もしも霊感のある人が幽霊になったら…」
(イラスト:マユボンヌ) 画像を見る

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(29)。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【もしも、霊感のある人が幽霊になったら……】

 

僕は、幽霊ってすごく孤独だろうなと思います。

 

生きている人に気付いてもらえないのはもちろん、幽霊同士でも、お互いの存在を確認できないみたいで。複数の幽霊がいる場所でも、会話したり、なにかコミュニケーションを取ったりしているところを、一度も見たことがないんです。

 

だからこそ、ポルターガイストを起こして必死にアピールしてみたり、僕みたいに“見える人”を見付けると、すぐついて行っちゃったりするんでしょうけどね。

 

ただ、霊感のある人が幽霊になった場合は、少し勝手が違うようです。僕の先輩芸人、スマイルシーサーのヤースーさんは、ご自身もかなり“見える人”なんですが、それ以上に、おばあちゃんの霊感がすごかったらしいんです。

 

そのおばあちゃんは、亡くなったあと幽霊になって、ヤースーさんの背後にくっついてくれてるんですけど、今でもちゃんとほかの幽霊が見えてるそうなんです。

 

たまに「あそこにいるヤツには関わっちゃダメだ」なんて、忠告してくれることもあるんだとか。

 

だから、もしかしたら僕も、死んでからずっと、幽霊を見続けなきゃいけないのかなと、ちょっと複雑な気持ちです(笑)。

 

【PROFILE】
シークエンスはやとも
1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。8月4日には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売された。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

 

「女性自身」2020年11月3日号 掲載

関連カテゴリー: