引きこもりの老親に!安全第一ツアーを計画(JINSEIのスパイス!第95回)
画像を見る

【今週の悩めるマダム】

80歳で闘病中の母と一緒に暮らしています。病状があまり良くないので当然ですが、元気のない日々が続き、さらにコロナの影響もあってずっと家に引きこもっています。感染対策を十分した上でどこかに連れ出してあげたいんですが、国内でどこかおすすめはありますか?(東京都在住・50代女性)

 

うちの母親は84歳です。いろいろと大病をしまして、10年ほど前には開頭手術も受けました。今は弟が面倒をみて福岡で2人仲良く暮らしています。会いに行きたいですが、コロナのせいで、飛んでいくというわけにもいきません。フランスから日本に入る場合、2週間の自主隔離もありますし、もしものことを考えると、今は我慢だな、と思っております。

 

80歳のお母様を連れていくなら、近所のホテルや旅館に泊まるだけのプチ旅行はいかがでしょう? 都内といってもいろんな場所がありますから、十分旅行気分を楽しめると思いますよ。「持病のある高齢者が宿泊します」と事前に伝えておけば、ホテルもいっそう感染防止に気をつけてくれるのではないでしょうか。僕の友人は、介護施設向けの“介護旅行”の代理店を経営しています。介護が必要な方専門のツアー会社というのですから、珍しいですよね。

 

彼が最初に成功した企画は「シラス丼ツアー」。鎌倉のシラスをみんなで食べに行くというものでした。介護が必要な人に手助けをする人が一人ずつ寄り添い、バスで旅行に行くのですが、とくに何かをするわけではなく、海を見てシラス丼を食べて帰るだけ。しかし、普段家から出られない介護の必要なご年配の方々にとっては、大変貴重な経験となったそうです。素晴らしいですね。で、次に彼がやったのが、オンラインツアー。コロナが怖くて旅に出ることができない介護施設の皆さんに「長谷寺のあじさいオンラインツアー」を計画したところ、全国の介護施設の方々に大変喜ばれまして、大ヒット。そして、その次はといいますと、9月20日と21日、ついに僕が引っ張り出されまして(笑)、「フランスのベルサイユ宮殿&エッフェル塔オンラインツアー」が計画されたのです。高画質フルHG配信での生中継という前代未聞の取り組みでして、日本の旅行業界に一種の革命をもたらしたと思います。シラス丼からベルサイユまで、飛躍しすぎですね(笑)。

 

しかし、大反響をいただき、有料と無料のコースがありましたが、両者をあわせると1万3千件以上の申し込みがあったそうです。厳しい今の時代の旅行業界にとって大きな風を吹かせたといっていいでしょう。実際に旅行に出るというのはリスクが付きまといますが、オンラインツアーなら安全に世界中を旅できます。友人の会社以外でも、様々な旅行会社が取り組んでいるようですので、調べてみてはいかがでしょう? オンラインツアーを経験した後、やはり多くのおじいちゃん、おばあちゃんが、実際に旅行をしたいと言われるようです。きっと、いい気分転換になり、お母様との楽しく素敵な思い出が作れると思いますよ。

 

【JINSEIの格言】

お母様のために、感染を最大限防げる“アイデア勝負の愛情ツアー”を考えてみて。近場の少しいいホテルや旅館に泊まるのもいいですし、安全第一のオンラインツアーもおすすめです。

 

この連載では辻さんが恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日ごろの悩みにお答えします! お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】(@jinseinospice)、またはお便り(〒112-0811 東京都文京区音羽1-16-6「女性自身」編集部宛)にて絶賛募集中。 ※性別と年齢を明記のうえ、お送りください。

 

以前の連載「ムスコ飯」はこちらで写真付きレシピを毎週火曜日に更新中!

 

「女性自身」2020年11月10日号 掲載

関連カテゴリー: