毎年、100〜200種類が誕生しては、消えていく……。大塚食品の「ボンカレー」が誕生してから46年。いまや2千種類以上もあるといわれるレトルトカレーは、まさにサバイバル時代に突入した。

 

「レトルトカレーは月に1回のときもあれば、週に2〜3回食べるときもある(笑)」と昔からレトルトカレーが大好物という作家の室井佑月さん。だが、商品を選ぶうえで絶対に譲りたくない、あるこだわりを持っているという。

 

「最近は千円以上もする高級レトルトカレーもあるでしょう。でも、そのお金を出すぐらいなら、お店で食べるか、自分で作ったほうがいいと思っちゃう。だからあたしはレトルトカレーは“300円まで”しか認めてない。500円以上も出して買ったら負けた気がするもん(笑)。だって、ご飯が付いてなくて300円以上も払うなら、ご飯が付いてる牛丼屋さんのほうが安いじゃん!」(室井さん・以下同)

 

なるほど、値段の300円というラインが室井さんにとっての判断基準ということか。

 

「でもさぁ、最近すごくおいしいと思ったのがセブン-イレブンの『金のビーフカレー』。300円以上したけど、あの味ならアリかな〜って(笑)」

 

ところで、昔からレトルトカレーがお好きな理由は?

 

「やっぱり湯せんでもレンジでチンでも、調理がラクなところ。そして安定感。まず味で失望することはないでしょう。仕事柄、深夜におなかがすくこともあるしね。非常食としてもストックしてます」

 

 

 

「牛ホホ肉の〝お肌ツヤツヤ〟カレー 1食分 5名様にプレゼント

関連タグ: