【連続執務120日】安倍首相労うタグに皮肉「誹謗中傷では?」
(写真:アフロ) 画像を見る

TwitterやインスタグラムといったSNSでキーワード検索として使用される「ハッシュタグ」。リアルタイムで注目されている話題や、共通の関心を持つユーザーを発見できるといったメリットも。そんななか、「#安倍総理お疲れ様です」というハッシュタグがTwitterで物議を醸している。

 

日経新聞によると、安倍晋三首相(65)は5月24日に連続執務日数が120日に達したという。同タグは、新型コロナウイルス対策に連日奔走する安倍首相を労うために使われている。しかし、なかには安倍首相を皮肉った意味合いでも使われているというのだ。

 

タレントのつるの剛士(45)が5月25日、《国民の皆さんで安倍首相にお疲れ様、ご苦労様を言いませんか?》とTwitterで呼びかけた。《震災の時、テレビに出てくる度お疲れ顔になっていた枝野さんに“お疲れ様です! 寝てください!”と労った時のように》とし、《政治家の皆様も同じ人間。人です。未曾有で大変な時こそ、皆んなで励まし労い合いませんか? 今頑張ってる全ての人に》と綴った。

 

このツイートは大きな反響を呼び、21万件以上の「いいね」を記録。つるの自身はハッシュタグを用いていないが、コメント欄には「#安倍総理お疲れ様です」といった安倍首相を激励するハッシュタグやコメントが相次いだ。その後、同日深夜には「#安倍総理お疲れ様です」が国内トレンドの上位に。

 

いっぽう、「#安倍総理お疲れ様です」を添えた辛辣なツイートが散見されている。

 

《あの仕事ぶりで疲れるわけないじゃん》
《ぜひ牢屋でごゆっくり余生を過ごして下さい》
《能力が無いのに、高い地位に居るのは不幸ですもんね》

 

次ページ >「これ誹謗中傷では?」

関連カテゴリー: