CDCも“最大の経路”と認めた…空気感染のリスク高める3つの状況
(写真:共同通信) 画像を見る

「感染力が従来型より1.32倍、重症化率は1.4倍高いイギリス型と同じ変異を持ち、かつワクチン効果を弱めるインド型と似た変異を持つ“新たな変異株”が日本で初めて発見されました」(神戸市保健局の担当者)

 

6月1日、神戸市はイギリス型とインド型の特徴が重なったハイブリッドの変異株が見つかったことを発表した。この新たな変異株について、担当者はこう続ける。

 

「感染したのは50代男性。世界では欧州中心に150例ほど確認されていましたが国内では初です」

 

そして6月4日、この変異株について、さらに4人の感染が確認されたと神戸市が発表。感染経路はわからず、すでに市中に広がっている可能性がある。

 

ここにきて、次々と見つかる変異株。新型コロナウイルスに対する脅威が高まるなか、飛び込んできたのが米国発の衝撃レポートだ。米国疾病対策センター(以下CDC)は5月7日付の最新版として3つの感染経路をあげている。

 

【1】エアロゾル感染

感染性ウイルスを含む非常に小さな飛沫やエアロゾル粒子を運ぶ空気の吸入。感染源から3~6フィート(約1~2m)以内で感染リスクが最大になる。

 

【2】飛沫感染

吐き出された飛沫や粒子に含まれるウイルスが粘膜へ沈着する。

 

【3】接触感染

触れた手を通じてウイルスが体内に入る。(CDC改訂版より)

 

次ページ >最も注意すべき感染経路は空気感染

出典元:

「女性自身」2021年6月22日・29日合併号,

【関連画像】

関連カテゴリー: