「『大江戸捜査網』の決めゼリフって自分の名前なんですよ。だから、台本をもらう前から、『同じく、秋草新十郎』ってつぶやいていました(笑)」

 

そう語るのは、新春ワイド時代劇『大江戸捜査網2015 隠密同心、悪を斬る!』(1月2日、テレビ東京系・午後6時〜)で秋草新十郎を演じる松岡昌宏。子どもころから、時代劇が大、大、大好きで、『大忠臣蔵』(’94年・TBS系)をはじめ、これまでに数々の時代劇に出演してきた。

 

そんな彼が、時代劇評論家のペリー荻野さんを相手に、時代劇についてマニアックに語ってくれた。誰しも好きなものを語るときは熱くなるものだが、ただでさえ熱い男が語るのだから、それはもう激アツです!

 

ペリー「松岡さんにとって時代劇とは?」

 

松岡「東京での仕事モードと、京都の撮影所ってまったく違って。京都に行ったらほかの仕事はしない、それだけのために生きているんです。その素晴らしさかな。朝、サウナに入ってから撮影所に行って、ストレッチ後にメーク。気持ちを作って、かつら、衣装をつけて呼び出される前の5分間……って、リズムを作っていくことで、より人間らしくいられる。だからといって、時代劇だけじゃダメなの。音楽、バラエティ、ドラマもやっていないと。つまり、どっちも頑張っていたいってことです」

 

ペリー「京都ではのびのびされていると」

 

松岡「京都でしか会えない人もたくさんいますしね。ホテルに着いたら、夜中におなかがすいたとき用の軽食とか、お酒を用意するのも楽しくて。ある種の単身赴任だから」

 

ペリー「勝手に単身赴任(笑)」

 

松岡「TOKIOから出て単身ね。終わったら銭湯に行って、番台のオバサンに『どんなシーンとったの』って聞かれて、全裸で答えたり(笑)」

 

ペリー「さて、今回の『大江戸捜査網』では“5万回斬られた男”と言われる、斬られ役の福本清三さんを初めて斬られたそうですが」

 

松岡「さすがに斬ったときは熱いものがこみ上げてきました。やっと時代劇をやっている人間だと言えます。16歳で初めて東映に行って、21年かかった。『天と地と』(’08年・テレビ朝日系)は主役だから福本先生を斬れるかと思ったら、的場(浩司)のアニキが斬っちゃって(笑)」

関連タグ: