image

 

TOKIOの城島茂(47)扮する島茂子のデビューDVDシングル「戯言」が5月14日、一部発売中止になるとわかった。

 

16日発売の同作だが、初回限定盤が発売中止に。公式サイトでは「制作上の都合」とし、「既にご予約頂いたり、ご購入を楽しみにしてくださっている皆様におかれましては、誠に申し訳ございません」と謝罪文を掲載。また「訂正した上で近日中に再度販売する」とし、「お時間を頂き申し訳ございませんが、もう少々おまちくださいませ」と呼びかけている。

 

日刊スポーツ紙によると、同限定盤に封入される特典映像内に契約解除となった山口達也(46)の姿が数秒間映っているという。スタッフが気づいたことで、発売中止となったようだ。なお、通常版は予定通り発売される。

 

同曲は、松岡昌宏(41)が主演を務めるドラマ「家政婦のミタゾノ」(テレビ朝日系)の主題歌。11日には島も出演し、その回の視聴率は現在のシリーズで最高の7.5%を記録。ファンからの期待がうかがえるだけに、Twitterでも今回の件を嘆く声は大きい。

 

《島茂子初回限定盤発売中止はやっぱり悔しいな》

《島茂子の初回限定版が販売中止ですって……再販するような事書いてあったけど、いつになるの》

《長期間煮詰めて企画して頑張ってきた茂子ちゃんの気持ちなんて、想像もできん》

 

いっぽうで、《リリース日が2回》《発売PRする機会が2回もある!》といったポジティブな声も上がっている。