2日、東京・東大泉の東映東京撮影所で、映画『これでいいのだ!映画★赤塚不二夫』の制作発表会見が行われ、出演者の浅野忠信(36)、堀北真希(21)、阿部力(28)、いしだあゆみ(62)、原作者の武居俊樹(69)、佐藤英明監督(48)が出席した。同映画は、一昨年のこの日亡くなった漫画家、赤塚不二夫(享年72)の破天荒な半生を描いた物語。赤塚の大ファンだった浅野は、赤塚の役を演じることについて、「図々しいですけど、赤塚さんに対する強い気持ちが届いたのかなって」と嬉しい様子。「もう今は羞恥心もなくなりましたね。この3日くらい現場では全裸ですし、スタッフも気にしていない(笑)。この現場ならメチャクチャやっても大丈夫だなと確信したし、今は本当に楽しんでいます」と現場の様子を語った。赤塚の担当編集者役の堀北は「(撮影を通して)バカになる気持ち良さを知ってしまいました」と笑顔を見せた。最後は出演者全員で赤塚が生み出した人気キャラクター・イヤミのキメポーズ、『シェー』を披露した。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: