27日、都内で、女優の福田沙紀(20)がニキビケア専用化粧品ブランド『DHC薬用アクネコントロールシリーズ』のイメージキャラクターに就任し、新CM発表会に登場した。DHC 薬用アクネコントロールシリーズは、殺菌・角質軟化作用をもつサルチル酸を配合し、今あるニキビのケアとニキビのできにくい肌コンディションを作る薬用トータルプログラムである。同社は7月27日をニキビの日に認定し、福田はニキビ撲滅大使に就任した。CMと同じさわやかなブルーの衣装で登場した福田は「化粧品のCMは女の子としてすごく嬉しかったです。肌の事が女性はいちばん気になることなので、私でいいのかと思いました」と笑顔で話した。美肌に秘訣について質問されると「毎日の洗顔、美容液、化粧水といったシンプルなスキンケアを心がけ、フルーツをたくさん取ってできるだけよく寝ること」と答えた。この夏ドラマ出演など多忙だが、もし夏休みが1週間取れたら「語学が好きなので、韓国や欧州に行って言葉を学んでみたい」と希望を明かした。最後に「素敵な肌でたくさん笑顔になってほしい」と商品のPRをした。(撮影:江口明裕)

関連タグ: