都内で、女優の国仲涼子(32)が写真集『COLORS』の発売記念イベントを行った。
9年ぶりとなる国仲の写真集は5月に沖縄、都内近郊で撮影。『ONとOFF』をコンセプトに、地元・沖縄での素の表情や、女優としての新たな一面を見せている。コンセプトの段階からアイディアを出したという国仲は「衣装合わせでも自分の意見を出して、衣装を決めていきました。とてもいい写真がいっぱいで自分では満足しています」と自身も満足する作品ができたようだ。点数にすると「私の中では100点にしたいですね。親にもすぐ見せましたけど、良かったねって言ってくれました。セクシーな写真についてもいいんじゃないの?って」と語った。沖縄での撮影を振り返り、実家に1泊したそうで「半年ぶりくらいに沖縄に帰ったのですが、実家のご飯を食べられて嬉しかったですね。」と楽しんだようだ。写真集の中にはベールをまとった花嫁衣装を思わせるものもあり、「近々ベールを身につける予定はありますか?」と質問されると「今のところ予定はないんですけどね」と笑顔で答え「もう32歳なんで、機会があればぜひしたいですけど。フィーリングが合うのが一番大事ですね」と自身の結婚観を語った。(撮影:小山伸正)

関連タグ: