8月23日、タレントの島田紳助(55)が芸能界を引退することを発表し、緊急会見を開いた。 吉本興業の説明によると、平成17年6月頃から平成19年6月頃までの間に、島田と暴力団との間で、一定の親密さをうかがわせる携帯メールでのやりとりがあったこと明らかになったそうだ。本人に事実確認を行ったところ、これを認め、自ら社会責任をとって引退したいと申し出たため、吉本側は了承し、島田は引退することとなった。島田は「最後に会ったのは4年くらい前に20分程度」など、それまでの経緯を説明した上で「そのままにしていれば謹慎処分などの軽い処分となっていたかもしれない。しかし謹慎処分では若い奴らに示しがつかない、一番重い処罰は引退だと思った」と述べ、引退の理由を説明。引退に関してはその事実確認の時点で自ら決めていたといい「気持ちが揺れることはなく、悔いはありません」と答えた。暴力団関係者とされる友人については「一般人と認識していた。悪いことをしているという意識はなかった。僕の中ではセーフでしたが、(指摘を受け)アウトだと知った。」と説明した。(撮影:江口明裕)

関連タグ: