8月29日、東京・新宿の吉本興業東京本部で内閣府とのコラボイベント『今、最も知りたい“減災”~47都道府県あなたの街に“住みます”芸人公開授業~』が行われた。イベントには落語家の桂三枝(68)吉本若手芸人と共に登場した。『減災』とは、災害時にいかにして被害を最小限にするよう備えるかという考え方で、『減災ひろめる芸人』応援隊長に任命された三枝は、吉本興業が展開する『47都道府県あなたの街に住みます芸人』40組68人の芸人と一緒に、名古屋大学大学院の福和伸夫教授の建物の耐震強度の違いや避難所で用いる簡易トイレの作り方、非常時に役立つ『IDホイッスル』などが笑いを交えて相ら期された授業を受けた。三枝は「この企画は大変気に入っている。地域の皆さんに吉本の伝統的なお笑いを知っていただくのと同時に、芸人を通して、各地域の良さを全国に知ってもらえたら」と語った。7月に『移動あおぞら花月』で被災地を訪れたことを振り返り「復興や復旧が遅れているのは現実です。これからも想定外のことを考えて、政府には万全なものを作っていただきたい」と復興に対する思いを語った。(撮影:柴田悟)

関連タグ: