9月7日、東京・明治大学駿河台キャンパスで、映画『僕たちは世界を変えることができない。』のプレミア試写会&特別授業が行われた。イベントには、俳優の向井理(29)、松坂桃李(22)らが登場した。本作は、ひょんなことからボランティア活動を始めた医大生が、カンボジアに学校を設立するため奔走し、自分自身を見つめ直す姿が描かれた内容となっている。撮影を終えた後のことについて向井は「カンボジアにいたときより、日本に帰ってきてからの方がショックが多かった。帰ってきてから日本の風景も変わって見えて、当たり前なことが当たり前ではないと思えるようになった」と思いを語った。松坂も「人生で初海外ということもあって、受けた衝撃はとても大きかった。この映画を通して、行動することに意味があると気付かされた」と語った。また、会場に集まった約200人の現役学生を前に特別授業も開講。生徒たちと作品に関する質疑応答を行った向井は「久しぶりで、懐かしい感じです」と嬉しそうであった。また、男子学生からは「向井理のような顔になりたい!」と声が上がると「この顔面でいいんですか?そのままでいいと思いますよ」と軽妙なトークを繰り広げた。(撮影:河崎文雄)

関連タグ: