9月11日、映画『日輪の遺産』のヒット御礼挨拶が行われた。舞台挨拶には歌舞伎俳優の中村獅童(38)と女優の森迫永依(14)が登場。中村は「年に1回は日本兵役を演じているが、これまでとは違った役柄にめぐり合えてうれしい。たたずまいや生き方など、日本兵らしさを大切に演じた」と撮影を振り返った。中村について聞かれた森迫は「クールでかっこいい。いつも見ても素敵です」と中村を大絶賛すると「本当にうれしいけど、かつては世の中の女性の敵と言われていたんだ。褒めてもいいことないよ」と自虐交じりに答えて笑いを誘った。また、25歳の夫婦を演じたことについては「(作品に携わる前は)全然考えられなかったけど、この映画に出演してみて、本当に好きだったら年の差は関係ないんだと思いました」と森迫が恋愛観を語ると、中村も「うん、年齢は関係ないよね」と大きく頷いた。また、この日は森迫の14歳の誕生日で、中村が14日に39歳の誕生日を迎えるということで、劇中に登場するマッカーサーの財宝の金塊をイメージしたバースデーケーキが登場した。2人でロウソクを吹き消し、森迫は「うれしい。こんなの初めてです」と喜んでいた。(撮影:江口明裕)

関連タグ: