11月3日、都内で、今年最もレザーが似合う著名人を表彰する『ベストレザーニスト2011』授賞式が行われた。授賞式には、男性部門で選ばれた俳優の石田純一(57)、女性部門のタレントの優香(31)が出席した。

受賞について優香は「石田さんは皮のイメージがあって、ぴったりだと思っていたんですけど、私はあまり皮のイメージはないと思っていたので、びっくりしました。とてもうれしいです」と嬉しそうであった。石田は「美しい優香さんの隣にいられてとても幸せ。

美しいですし、完璧です。個人的に大好きなので」とニヤけながら優香を見つめていたが、受賞を知らせたい人にはすぐに妻の東尾理子(35)を挙げ「大好きなので。結婚3年目に入るんですが、3年目に浮気をしないように頑張ります」と話すと、優香は「石田さんのように言えたらいいんですけど…、家族ですね。ずっと変わらぬ想いで応援してくれているので」と感謝の気持ちを語った。

また、この日、革製品の良さを広く伝える活動をする『皮革親善大使』を石田がつとめることも発表された。親善大使任命の感想を「大変名誉なこと。日本のレザー製品を勉強して、日本のレザーのよさを伝えていきたい!」と意気込んでいた。(撮影:柴田悟)