昨シーズンは、なかなか成績が振るわず不振に終わった浅田真央(21)。今シーズンは11月11日からの『NHK杯』で幕を開ける。そんな彼女の前に立ちはだかるのが、3年後のソチ五輪の開催国でもある、ロシア出身のアデリナ・ソトニコワ選手(15)だ。

昨シーズンの世界ジュニアとジュニアGPファイナルで頂点に立ったソトニコワ。彼女と浅田の間には、因縁があるという。実は、ソトニコワの総合コーチを務めるのは、浅田も師事するタチアナ・タラソワコーチ(64)なのだ。

4歳でスケートを始め、常に2~3歳年上の男子チームで技術を磨いてきたソトニコワ。そんな彼女に、タラソワコーチがかける思いは、浅田以上だという。2人は、11月25日からのロシア杯で初めて直接対決をする。そこでタラソワコーチは、ある奇策に出た。

「信じられないことに、タラソワコーチはソトニコワに今季フリープログラムとして、真央ちゃんと同じ曲を選曲したんです。その背景には、『ソトニコワが“憧れの先輩”と同じ曲で滑り勝つことで、彼女に少しでも自信をつけさせてあげたい』という思いがあるからでしょう。ロシアでは禁断の“真央潰し”だと言われています」(スケート関係者)

浅田も、恩師の“裏切り”に困惑の表情を浮かべたというが……。シーズン開幕を襲った恩師の裏切りを本誌で公開!

【関連記事】
2010―2011シーズン使用曲発表会見【浅田真央】
真央ちゃんの7年間【浅田真央】
フランスGPシリーズ・ロシア杯惨敗後帰国会見

関連タグ: