11月22日、都内で、映画『はやぶさ 遥かなる帰還』の集会イベントが行われた。イベントには同作の主演を務めた俳優の渡辺謙(52)が登場した。

同イベントは映画ではなく実際のプロジェクトに携わった面々が集結するものであった。プロジェクトに携わった人々を前に渡辺は「(映画製作)当初のリサーチをしていた段階から考えていました。はやぶさそのものももちろんすごいですが、それを支えた研究者、技術者の力がなければ(プロジェクトの成功は)あり得なかった」と改めてその偉業を称えた。偶然にも宇宙飛行士の古川聡氏の地球帰還と重なり、「運命的なものを感じている。すばらしいタイミング」と大喜びであった。

映画については「はやぶさも7年間の航海で様々な出来事に遭遇した。困難に立ちはだかって、足がくすんでいる人もたくさんいるが、この映画を見て立ち向かっていって欲しい」と話した。また、一般試写会に先駆け、1月に岩手、宮城の被災地4カ所で、先行試写会を行うことを発表した。(撮影:柴田悟)