11月27日、都内で、女性誌『ジュノン』の美男子コンテスト『第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』の最終選考会が行われた。

同コンテストは、「ジュノン」創刊15周年特別企画として1988年にスタートし、これまでに武田真治(38)や伊藤英明(36)、小池徹平(25)らを輩出してきた男性タレントの登竜門的オーディション。24回目となる今回は、芸能事務所などに所属していない13~22歳の男性1万3228人が応募した。

数多くの応募者から愛知県の大学1年・佐野岳さん(19)がグランプリに輝いた。小さなガッツポーズを連発した佐野さんは「本当にびっくりして、覚えていない」と興奮気味であった。佐野さんは身長165センチ、体重55キロ。現在、大学のラクロス部に所属しているスポーツマンだ。審査では大学ラクロス部で活躍する筋肉美を披露。

自身のアピールポイントを「元気の良さと笑顔」と話し、審査員からは「歯並びのいい笑顔は、女心を離さない」と讃えられた。将来は俳優として活躍していきたいそうで憧れの俳優には小池を挙げ、「いろんなジャンルをやってみたい。街を歩けなくなるくらいのタレントさんになりたいです」と意気込みを語った。(撮影:鈴木鍵一)