12月5日、都内で、俳優の三浦春馬(21)が富士通東芝モバイルコミュニケーションズのau向けスマートフォン『ARROWS Z』の新CM発表会に出席した。

『ARROWS』はスピード感と先進性をコンセプトに将来の市場をけん引するブランドとして誕生。その中で『ARROWS Z』は『ARROWS』ブランドとして初めてのauに進出する。今月中旬以降に全国で順次放送される新CMで三浦は、若手ビジネスマンにふんして同スマホの機能同様の頼もしさを見せている。

撮影現場には外国人スタッフもいて英語での会話行っていたという三浦は「海外っぽい現場でいい緊張感で仕事ができました」と振り返った。CMについては「短い時間の中でいい表情を切り取っていく。スマートなCMになった」と笑顔で語った。実際に同商品も使ったそうで

「操作が非常にスムーズで、使っていて気持ちいい。WiMAXも高速なのでストレスがなく、検索がスムーズに行えるのがいい。お風呂で音楽を聞く習慣があるので、防水なのはとてもありがたい」とPRしていた。

また、以前は携帯電話で撮影現場付近の風景などを撮っていたそうだが、犬を飼い始めてからは変わったそうで

「最近は犬しか撮ってない。とても賢くて、毎日癒やされております」と溺愛ぶりを明かした。(撮影:河崎文雄)