12月7日、都内で、モデルでタレントのローラ(21)が新作ゲームソフト『ニード・フォー・スピード ザ・ラン』の発売記念イベントに出席した。

同ゲームは、究極のスピードバトルを体感できるレーシングゲームシリーズのの新作で、アメリカ・サンフランシスコからニューヨークを横断し、ドライビングスキルを要求される過酷なコースをレーサーたちとレースバトルするというものである。

黒いスキニージーンズ姿で登場したローラは、「ゲームは、普段からすごくしてる~!」と話し、「カフェとか、レストランを経営していくゲームをよくやるんだけど、レーシングゲームも大好きで、簡単なレーシングゲームとかを家でよくしてる~!でも、とってもへたっぴでいつも逆走しちゃうの~」と笑顔で明かした。実際に同ゲームに挑戦するとタイムアウトでゲームオーバーになると「悔しい! 早く続きがやりたい。帰ったらやろっ!」と、ハマった様子だった。

男性が車を運転する際の好きな仕草を聞かれ「バックするときに横を向いている姿がかっこよくてドキドキしちゃう~」とテンションあげつつも「でも、タイプじゃないと、ときめかないな」と明かし、笑いを誘った。(撮影:河崎文雄)