昭和41年にスタートし、放送45周年を迎えた長寿番組『笑点』。その人気は未だ衰えることなく、今年も年間視聴率第1位を獲得した。

国民的人気番組の秘密は、いったいどこにあるのだろう? 司会者の桂歌丸(75)と三遊亭円楽(61)に聞いた。

園楽「私の分析では、いい意味での“マンネリ”でしょう。結果、みなさんが日曜日の5時半は『笑点』と、チャンネルを合わせてくださる習慣にもなっている」

歌丸「番組にしろ何にしろ、“マンネリ”と言われるようになると、長続きするんです。番組は、変えようと思うから失敗する。私に言わせれば、『変える』というのは『自然に変わっていくのを待つ』ことなんです」

園楽「あと5年で放送開始50年ですね。健康には気をつけてくださいよ。虎視眈々と司会者の座を狙っている人間もいますから」

「あんたが狙ってんじゃないの(笑)」(歌丸)

いつも変わらない“絶妙のかけひき”が、視聴者を離さないようだ――。

関連タグ: