視聴率も第2部で関東地区41.6%と、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)超えを果たした紅白歌合戦。本誌が“ミタ”、テレビでは映らなかった舞台裏を一挙公開!

●東方神起の“トイレ騒動”
2人での活動再開後、初めての紅白出場となった東方神起。12月30日のリハーサル後はレコード大賞出演のためすぐにNHKホールから出てきたが、そこで“騒動”は起きた。

「用意されていた車にすぐに乗り込むはずでしたが、ユンホ(25)が衣装のまま、トイレへ直行。そのまま出てこなくなったんです!10分後、スッキリした表情で車に飛び乗りましたが、スタッフは遅刻寸前であせっていました」(音楽関係者)

●篠田麻里子にミッキーが……
今年の音楽界に旋風を巻き起こしたAKB48。本番当日、彼女たちは紅白初ゲストとなったミッキーマウスに熱狂していたという。

「楽屋袖でミッキーは大モテでした。出番を待っていたAKB48のメンバーと熱い抱擁を交わしていましたね。さらに、ミッキーはジャンケン選抜の覇者・篠田麻里子(25)に近付くと、ホッペにチュー!周囲の笑いを誘っていました」(スポーツ紙記者)

●井上真央があわや転倒!
初めての司会でも落ち着いて大役を果たしていた井上真央(24)。そんな井上がリハから苦労していたのはロングドレス。裾を踏み、転びそうになったが……。

「とっさに手を添え、彼女を救ったのは『花より男子』で共演した松本潤さんでした。ドラマのようなワンシーンに、場が華やいでいましたね」(本誌カメラマン)

感動のフィナーレまでには、ヒヤヒヤのハプニングが連続していたのだ――。

関連タグ: