コロッケと小松政夫の芸達者なふたりが、練り上げたギャグとモノマネを次々と繰り出すステージ「爆笑 昭和のヒーローズ!」が、1月16日より東京コマ・スタジアムで開幕する(22日まで)。そこで、ネタ構想の真最中という、コロッケに話を聞いた。

「昭和って、本当にいろんなジャンルのヒーローがいましたよね。誰もが知っているヒーローなら、たとえばウルトラマンとバルタン星人が、『ダア!』『フォッフォッフォッ』と、わけのわからない会話をしているだけでも面白いと思うんです。ネタはギリギリまで考えて作りますが、大先輩の小松さんとなら思い切ってできます」

ステージでは小松の「淀川長治」、コロッケの「淡谷のり子」などの定番キャラクターも登場予定。さらに、ちわきなおみ、岩崎宏美、五木ひろし、森進一などなど、コロッケのモノマネがライブで小松とバトルを繰り広げるのも見ものだ。

「やっぱり淡谷先生は外せません。1度、夢に先生が出てきたことがあるんですよ。じーっと黙って僕を見ていました。見守っていた? いや、いつ怒ってやろうかと構えてたんじゃないのかな(笑)」

【関連記事】
主演舞台『美川憲一とゆかいな仲間たち』公開稽古