14日、都内で、WOWOW連続ドラマW『ヒトリシズカ』の試写会が行われ、女優の夏帆(21)が出席した。

同作は、5つの殺人事件が次々と発生し、警察も翻弄されるなか、それぞれの事件の裏側には共通する1つの深い闇があり、その闇のなかにはある1人の少女の姿があったというストーリー。

警察を翻弄する少女・伊東静加役を演じた夏帆は、撮影前や撮影中は先が見えず、本当に苦しかったといい「まさか自分がここに立っていられるとは」と感慨深げに振り返ると「今日、こうやってみなさんに完成したものをお見せすることができ本当に嬉しいです」と話した。

夏帆は「主演ということもありますし、プレッシャーがすごかったです。何かに追われているような感覚が常にありました」と明かした。「撮影現場にいるときは監督がいらっしゃるので落ち着いていれたのですが、オフで家にいるときは本当にどうしていいのかわからなくて…なんかすごく苦しかったです」と役と向き合った日々を振り返った。また、10代から30代までを演じたが「話によって印象が違ってくると思う。回を重ねるごとに静加のいろんな面が出てくると思うので楽しみにしてほしい」とアピールした。(撮影:柴田悟)

関連タグ: