11月20日、東京・新宿ロフトプラスワンで映画『僕の中のオトコの娘』の公開を記念して『オトコの娘総選挙』が開催された。“オトコの娘”とは、女装した男子のことで、同作監督の窪田将治(38)、女装美少年総合専門紙『オトコノコ時代』の編集長・井戸隆明氏らオトコの娘の専門家たちが審査員を務めた。

同作は、ひきこもりぎみになっていた主人公が、オトコの娘の世界に惹かれていき、今まで出会ったことのない世界の人々と触れ合うことで成長していく、新しいタイプの青春ムービーとなっている。

総選挙には14人のオトコの娘が参加。本物の女子顔負けの可愛さに審査員席からは、歓声や、驚きの声が上がった。今回はこの中から上位3人が決定。同作の上映時に観客によって投票され1位が決定する。

今回1位になったあゆさんは「自分が1位になれるなんて思わなかった。すごく嬉しいです」と笑顔で話した。

また、窪田監督自身も女装して登場。会場からは笑いが起こるも「ヒールで歩くのがすごく難しい。僕もみんな負けてないと思う」とまんざらでもない様子だった。

※映画『僕の中のオトコの娘』12月1日(土)より銀座シネパトスにてロードショー
※投票は銀座シネパトスで12月1日~12月15日まで

(撮影/夛留見彩)