年間トップの視聴率42.5%を記録した昨年の紅白歌合戦。きゃりーぱみゅぱみゅ(19)が初出場を果たすなど何かと話題を呼んでいたが、その舞台裏ではあるハプニングがあったという。

「出場者全員での顔合わせのとき、きゃりーが化粧もせず眼鏡をかけていたため、カメラマンたちは『きゃりーはどこだ』と大慌てになっていました」(本誌カメラマン)

すっぴんといえば、前年のリハーサルでAKB48のメンバーの多くがすっぴん姿で登場し、話題を呼んでいた。

「年ごろの女のコたちですから、お肌のケアのため、必要以上にメークをしたくないんです。でも今回はそうはいきませんでした」(音楽関係者)

そんな彼女たちには今回、事前にある“指令”がくだされていたという。

「プロデューサーの秋元康さんから、『たとえリハでも、アイドルがすっぴんでステージに立つな!』とお叱りを受けたんです。それで、彼女らは本番以外でもメークをして臨んでいました」(前出・音楽関係者)

関連タグ: