3月30日、東京・五反田ゆうぽうとにて『コロムビア大行進2013』が開催され、島倉千代子(75)、細川たかし(62)、都はるみ(65)ら昭和を代表する歌謡スターたちが勢揃いした。レコード会社、日本コロムビア所属の歌手たちによる『コロムビア大行進』は昭和38年から昭和60年まで定期的に実施されていたコンサートで、この日は29年ぶりの復活となった。

この日75回目の誕生日を迎えた島倉は「昔を思い出しますね。本当に楽しいです。75という年齢に関しては“後期高齢者”という手紙が区役所から届きました」と話し笑いを誘った。自身のヒット曲である『人生いろいろ』などを熱唱するなど、観客を楽しませた。

コンサート中には、同レコード会社に所属していた故・美空ひばりさんのコーナーも設けられた。

(撮影/小山伸正)